アトピー性皮膚炎に効く?ブルーブラッドとの関連性とは

アトピー性皮膚炎に効果がある枕?Blue Bloodとの関連とは?

 

口コミの中で

 

「アトピー性皮膚炎は汗をかくとかゆくなり、寝ている間にひっかき傷ができている。
傷に汗が付くと、もっとかゆくなる悪循環の繰り返しでした。
この枕を使用するようになったら、寝ている間に汗をかかず小さい傷があってもすぐに治る程度のもので済みました。
頭が熱を持たないので、ぐっすり眠れるようになりました。」

 

との書き込みがありました。

 

人間、頭から首にかけて寝てるときに結構汗をかくそうです。
冬場でも寝る前に暖房を入れてたりすると眠りに入る直前に汗をかいたりしてアトピー性皮膚炎の方はとても大変とのことです。

 

Blue Bloodはなぜアトピー性皮膚炎に効くのか、それは
熱を保たない
構造だからだと思います。

なぜBlue Bloodは熱がこもりづらいのか?

Blue Bloodの構造は簡単に言うと
GELとウレタンを混ぜたもの
です。

 

 

GELは「ひんやりする枕」などで使用される、冷感を引き出す素材です。
GELは触った直後はひんやりして気持ちいのですが、固くて柔軟性がないため長時間触っていると熱がこもってしまいます。
その弱点を補うためスーパーソフトウレタンが使われています。

 

やわらかくなることで通気性が増し、熱がこもりづらい枕となると考えられます。

 

枕カバーはもちろん吸水性と通気性のいいものを選びましょう!

 

 

Topページへ戻る